両手を上げている女の子 親指を立てている笑顔の女の子 喜んでいる女の子 ピルで婦人科系の症状を改善
薬を飲もうとしている女性

ピルとは経口避妊薬と呼ばれ、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた錠剤で、排卵を停止させます。
主に避妊を目的として女性が摂取する薬ですが、現在は月経痛軽減、定期的な月経、月経前症候群を抑えることができるという利点のために飲み始める女性が多いです。
錠剤の数は、21日間毎日服用し7日間なにも飲まないものと、7錠の偽薬があり28日間服用するものとあります。
その種類は、低用量か中高容量、1相性か3相性かで分けることができます。
中高用ピルは卵胞ホルモンの用量を50μg以上のものです。
初めに採用されたのはこれでしたが、副作用が多く現在ではあまり使用されていません。
副作用としては、頭痛、倦怠感、吐き気、むくみというものが報告されていました。
低用量ピルとは卵胞ホルモンの用量を減らし、経口避妊薬としての効果はそのままに中高用ピルの副作用を軽減させるために開発されたものです。
また、低用量ピルの服用で婦人科系の病気リスクが下がるというメリットもあります。
しかし、副作用として血栓ができやすくなるというものがあります。
多くの方にとってこの副作用は見られなく、気にすることはないですが、喫煙する方この確率が高くなるために注意が必要です。
1相性とは偽薬以外の錠剤に含まれるホルモンが一定のものです。
両手を上げて背伸びをしている女性ピルは意図的に服用を止めることにより月経がいつになるかをコントロールできるのですが、このコントロールをする際には1相性でなければなりません。
3相性とは偽薬以外の錠剤もホルモン成分が3段階に分かれているものです。
本来のホルモンバランスにより近づくため、不正出血を防ぐことができます。
また、ヤーズと言われる超低用量ピルやビタミンを添加したピルというものもありますが、日本ではまだ認められてません。
過去には高容量ピルの副作用が多く報告され、ネガティブな印象が強く残っていますが、新たな製品の開発により、快適な月経を手に入れることができるようになっています。
超低用量ピルのヤーズなら副作用のリスクが極限まで少なく、つらい月経を乗り越えることができます。
日本の病院では手に入れることはできませんが、ネットの通販サイトなら手に入れることができます。
ヤーズが買える通販サイトが存在しているので探してみると良いでしょう。
ピルを使用している人なら抵抗なく使うことができるでしょう。