旅行バックを持って歩いている女性
ピルで婦人科系の症状を改善 > ピルの避妊以外の効果

ピルの避妊以外の効果

旅行バックを持って歩いている女性

ピルには、避妊以外の効果として、月経の周期が規則正しくなる、出血量の減少、月経痛や月経前症候群の緩和、子宮外妊娠の発症頻度の低下、ニキビや多毛症の改善などがあります。
ピルを服用することで、子宮内膜があまり厚くならないうちに月経が発生します。
子宮内膜が厚くならないことで、痛みを引き起こす物質量が減り、子宮収縮も抑えられるため月経痛が軽くなる仕組みです。
すでに子宮内膜症にかかっている場合には、進行をくいとめる可能性も期待できます。
また、月経の周期が規則正しく28日周期になるため、生理不順の改善につながります。
規則正しい周期になることで、生理日の予定が立ち、1ヶ月前から調整することで生理日を変更することも可能になるため、旅行や試験などの予定の際に便利です。
ピルに含まれている女性ホルモンにより体内のホルモンバランスが改善されます。
月経前症候群の症状が強い人は、ピルを服用することで、排卵前のホルモンの変動がなくなるため、症状の軽減につながります。
また、男性ホルモンの作用を抑える働きもあるため、ニキビや多毛症の改善やホルモン状態を安定させることで更年期症状や骨粗鬆症の予防効果も期待できます。
ピルは、長期間服用することによる効果があります。
主な効果として、乳房良性疾患の予防や骨盤内感染症の予防、子宮体がんの予防などがあります。
ピルに含まれている黄体ホルモンにより子宮内膜が保護されるため、子宮体がんにかかるリスクを減らすことができます。
さらに、子宮頸管粘液が変化するため、精子だけでなく細菌やウイルスの子宮への侵入も防ぐことができるため、不妊の原因となりやすい骨盤内感染症や卵管炎などの病気にかかりにくくなります。