ピルで婦人科系の症状を改善
ピルで婦人科系の症状を改善 > ピルだけで安全なのか

ピルだけで安全なのか

ピルは避妊をするためには絶大な効果を持っていて、100パーセントに近い確率で妊娠を防ぐことができます。
飲み忘れることさえなければ、コンドームのように破れて避妊に失敗してしまったということもなければ、膣外射精や安全日を利用した避妊法のように不確実なものでもないので避妊という観点で言えば非常に優れたものとなっています。
しかし、ピルといっても絶対では有りませんから飲み忘れなどを考えた場合、絶対に妊娠を避けなければならないといた場合には、他の方法と併用をすることによって更に避妊効果を高めることができます。
夫婦などが性行為を思う存分に楽しむために、ピルを使うという場合万が一にでも妊娠をしてしまったらその時は妊娠を受け入れることが出来るという場合、ピルだけでも十分に安全で問題ないといえるでしょう。
それに対して、妊娠しては困る学生であったりあるいは性的なサービスを行う店で働いている女性などは、念には念を入れてコンドームの併用などしたほうが良いといえます。
また、ピルの問題点としては避妊効果は高くても性感染症の予防を防ぐことはできませんから、特定のパートナーとだけ性行為をするというのはなく、不特定多数の相手と行う場合には妊娠だけでなく性感染症のリスクも有りますからこちらも気にしなければなりません。
そのため、たとえピルを服用していたとしても、性感染症を防ぐためにコンドームを使用する事は大事なこととあります。
このようにピルというのは絶対的な存在では有りませんから、夫婦などのように病気の心配もなく万が一妊娠しても問題ないという場合には十分な安全性があるといえますが、そうでない人は他の方法を利用したほうが安全といえます。