ピルで婦人科系の症状を改善
ピルで婦人科系の症状を改善 > オキシドシンに満たされた性行為とピルの確立

オキシドシンに満たされた性行為とピルの確立

オキシドシンは多幸感を感じることができるホルモンとして有名であり、出産や授乳中によく分泌されると言われています。
またセックスの後はよく分泌されて、満たされる気分になるのはこのオキシドシンが要因になっています。
しかしオキシドシンに満たされたセックスの後、問題が起きることもあるでしょう。
避妊に失敗したとなると、せっかくの幸福感を阻害する新しい悩みの種を生むことになります。
そうならないためにも避妊方法と、そしてもしもの時の方法を知っておくことをおすすめします。
避妊に失敗した後にできる最終手段の避妊を女性自身も良く知らないと言われているのがアフターピルです。
72時間以内に服用することで、高い確率で避妊に成功します。
正しい服用としなければならず、また服用できない女性もいますので、医師の指示を受けて服用するのが正しい方法です。
避妊に失敗してしまい、くよくよと悩んで生理が来るのを待つよりも、アフターピルを使って決着をつけるようにしましょう。
ただしその直後の避妊にしか効果がなく、その後のセックスは他の方法で避妊をすることが大切です。
その避妊方法こそが低用量ピルです。
女性から積極的に避妊することができる方法として、どちらかといえばこちらの方が確立しています。
ただし妊娠を高い確率で防いでくれる方法ですが、飲み忘れをしないように注意しなければいけませんし、高血圧や高脂血症や、タバコを吸っている女性には服用できないケースもあります。
そしてあくまでも避妊ができるのであって、性病予防にはなりません。
やはり行きつくところは、コンドームの着用になります。
男性や女性といった問題ではなく、カップルで取り組むべき問題です。